読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Into New York life

アメリカの生活、文化、食べ物好き。

英語上達はこうする!!!

 

 

最近は春というよりも、夏じゃないかっていうくらい暑いですね。

 

 

 さてさて、本日、英会話のクラスに行って来ました。

5年くらい前に入会したのですが、実はずっと行っていなくてお金が大変もったいない状態になっていました。

なので、ポイント消化のためにここ最近行き始めました。

本日その3回目の授業です。

グループレッスンですが、幸いなことに他の生徒さんがいることが滅多になく会話を独り占めにしています 笑

そして、型にはまったレッスンが嫌いな私は、話題を変えて、フリー会話レッスンにしています 笑

クラスの後には、先生からweb上でコメントをいただけるのですが、本日の先生からのコメントにこんなフレーズがありました。

 

You are able to engage in cross-cultural communication with ease.

 

フレーズは一個一個ではなく、一緒に覚えましょう!

communicationはみなさんもご存知ですね。

cross  何かが交差する

cultural 文化的な

つまりcross-cultural communicationは日本語でいう異文化コミュニケーション

 

では、engage in とは...

 

f:id:noriii91:20170419230238p:image

engage in = participate in, join in....

 

何かに参加するってことですね。

 

with easeは?

 

中学生とか学生の頃、

with+ease=easily容易く、簡単に

と習いませんでしたか?

他にも、

「With care=carefully注意して」

「With fear=fearfullyおびえて」

などの表現ができますね。

 

そのまま

You are able to engage in cross-cultural communication with ease.

 

を、日本語に直訳すると

「君は容易く異文化コミュニケーションに参加できる」

 

 

すごくわかりにくい 笑。

そもそも、異文化コミュニケーションってなにって話ですが・・・

 

異文化コミュニケーション=文化的背景の異なる人同士がコミュニケーションを取ること

 

 f:id:noriii91:20170419233453j:image

 Reference :https://www.trainerbubble.com/downloads/cross-cultural-communication-1-hour/

だから、今日の私は、アメリカ出身の異なる文化を持つ先生とうまくお話ができたってことですね。

 

engage inもそうだけど、直訳するとなんか意味わからない言葉も、言葉をイメージで理解して捉えると本当に単純なことを言っているのだなって思います。

実際、動画だと言葉を理解はできなくても、動画を見ればなにを言っているのかがわかったりしますよね。

 

私は、普段初めての単語に出くわしたとき、googleでその言葉のイメージを調べます。

 

例えばこんな感じに。

 

f:id:noriii91:20170419233428p:image

 

そうすると、自分の頭の中にイメージで言葉の意味することがインプットされるからです。

 

私達も小さい頃からお父さんやお母さんがしている仕草や、テレビを通して言葉を学ぶように、英語もイメージで覚える‼︎

なので文字でギッシリ書かれた単語帳よりもpicture dictionary といって絵がメインの辞書がオススメです!

 

わたしが使っているのはこちら!

 

 

 

 全て英語なので日本語に頼ることなく絵をみて英単語が学べます。

例えば、みなさんはdrivewayと言われてなにを思い浮かべますか?

 

車の通る道?

正解は、道路から家などの敷地に入る通り道のことです。

 

f:id:noriii91:20170420231937p:image

 

こういうのって、普通の辞書だとなかなかイメージがつきませんが、絵ならパッとそのイメージが出てきますよね。

他にもオススメのpicture dictionaryは

 

例えばこちら♪

 ペーパーバックで少々高いのですが、買う価値が大変あります!

意外と日常の単語ってパッと出てこないんですよね。

だけど、こちらのPicture dictionaryなら基本の単語も網羅していて、アメリカや英語圏に住むのに、日常的に必要な言葉が絵でみてしっかり使えるようになります。

 

絶対買うべし。