Into New York life

アメリカの生活、文化、食べ物好き。

TOEIC400点→900点台にしたわたしの英語上達法

 

 

英語上達法なんて偉そうなこと言っていますが、私自身は帰国子女でもないし、留学経験も一週間すらない純正の日本人です!笑

 

でも、小さい頃から、親の関係で、英会話教室に行ったり、家では英語のテレビを観たり、親の外国人の同僚が家に遊びに来たり、逆にカナダのお家に遊びに行ったり、海外に遊びに行ったり、少なくとも私の周りにいた友達よりも英語に対する親しみや変なプライドを持って育って来ました(笑)

 

なので、もちろん小学校、中学校、高校までは「○○ちゃん(私の名前)英語すごいね!」なんて、先生や友達に褒められたり、テストは満点をとったりしていたので、’学校の英語’に関しては完璧だったと思います。

 

しかし、大学生になって、私の母校が帰国子女が多かったり、外国人との交換留学が盛んな大学だったこともあり、私のレベルでは到底叶わない人達ばかりが周りにいました。それはそれは羨ましかった。

でも、そもそもその当時「英語ができる=テストで良い成績を取る」というイメージだったので、それで良いと思っていました。

日本に住んでいる中で、正直英語が話せなくても、苦労しないですしね。

しかも、’英語ができる’っていう変なプライドもあるし(笑)

更に嬉しことに、帰国の友達に、小さい頃少しでも英語に触れる機会があったからか、「発音綺麗!」とまで言われていました。

 

語学に関して、大変設備の整っている大学だった為、そのまま英語を第一言語として習得し続けていればspeakingに関してあまり苦労しなかったのかと思いますが、結局英語を大学4年間一切やめ、ドイツ語とイタリア語を学ぶことにしたのです。

 

そして、大学生活も過ぎ、就活が始まります。

ちょうどリーマンショックもあり、自身の努力も足らず、自分の行きたい企業には就職できませんでした。今となってはこの就活に失敗したおかげで、’使える英語’を始めようというきっかけにもなったので、後悔はしていません。

 

そして、私は就活に失敗した身なので、内定をもらってその企業に勤めることを決意したと同時にいずれ転職をする決意もしました。

 

そこでまず何を始めるべきかと思い、思いついたのが資格の勉強でした。

そして、定番のTOEICをまずは始めてみようと思ったのです。

そこで初めて受けたテストの点数が……

 

450点

 

半分にも満たない…

ショックもあったけど、大学生の時英語の勉強を一切していなかったしなあ…と思い、

意外とすんなり受け入れていたと思います。

 

当時、通勤時間が片道1時間半もかかっていたので、行き帰りの電車の中でTOEICのテキストを使って勉強したり、 iPhoneに入れた音声で英単語や英文を聞いたりと、それはそれは、参考書を沢山買い漁りました(笑)参考書の書評もできるくらい…

 

そして、受けたテストの結果が…

 

   

500点

 

具体的なテストの数字は覚えていないけど、500点台にはなってくれました(笑)

 

その後も2ヶ月に一回くらいのペースでTOEICのテストを受け、なかなか思うように点数が上がらないことにフラストレーションでいっぱいでした。

 

しかも、会社での仕事が嫌で嫌で…。

そして「転職する!!!」と言い張っているクセにしない自分にも嫌気がさしていました。

 

そういうこともあり、社会人3年目に差し掛かる頃の3月に、決めたことを行動する人になりたいと思い、一人でアメリカニューヨークに旅することにしました。

 

一人旅をしたことがなかったので、本当に一人で行くか悩みましたが、自分を変えたい一心で出発の2週間前にホテルや航空券の手配を終えました。

 

NYは中学生の頃、母と一緒にいって以来だったので、大都会だけど、緑も多い環境や、タイムズスクエアの周りの騒がしい雰囲気、TOP OF THE ROCK(ロックフェラーセンター)に上るエレベーターの中では、私を日本人だと認識した外国人(私も外国人ですが)に急に「KONNICHIHA!!」なんて言われ、そこから一斉にみんなに「KONNICHIHA!!」の嵐で、日本ではない経験に刺激的なことばかりでした。

 

f:id:noriii91:20170405011857j:image

こちらはstature of liberty 

 

実はそれだけではなく、NYで運命の人に出会うことにもなったのです(笑)

 

JFKに到着し、ホテルに着いたのが夜の12時近かった為、ホテルのバーで軽く食事ををすることにしました。

 

そこで、一人でビールとナッツを食べながらゆっくりしていると、後ろから現地の酔っ払いに声をかけられました。

 

当時英語も話せないし、何を言っているのかもわからなかったのですが、明らかにナンパだったので、面倒臭いと思いながら、いかにスルーするかを考えていました。

 

結局3時間くらい一緒に訳のわからない英語を話しながら、なぜかわからないけど、その人と一緒にいることに親近感を覚えてしまい、私がNYに滞在している間もう一度会うことになったのです。

 

それが今の彼氏です(笑)

 

付き合うことになったのは、私が帰国してからですが、その彼とは今でも付き合っています。

 

NYのことや彼との恋愛に関しては後ほど♪

 

英語の勉強のことに戻りますね。

 

そして、彼とのNYとJAPANという超超超遠距離恋愛がスタートし、時差は13時間もあり、生活のリズムは彼中心に。

 

日本の夜に、NYが朝なので毎日寝不足でした。

英語は話せないし、何を言っているのか聞き取るのが大変な思いをしながら、メッセージ機能を使いながらも、毎日 SKYPEで、お互いのことを知ったり、日々の出来事を語っていました。

 

そして、相変わらず、TOEICのテストのことは忘れていなかったのですが、彼との時間を優先し、テキストで勉強する間も無く、テストの日々を迎えてしまったのです。(汗)

 

そして、テストの結果は…

 

800点!!!!!

 

 

自分でも、期待もしていない数字にびっくりしました(笑)

しかも、今まで使っていたテキストとか一切使わずに。

勉強もしないでこの数字だったので、本当になんで?????と不思議でしたが、英語に触れるのは彼とのスカイプの時だけなので、彼のおかげなのは一目瞭然(笑)

 

そこから、英語の上達には、ただただ、テキスト付属のCDの音声を聞いたり、テキストの問題に回答するだけでは著しい効果はなく、実際、聞いた英語に対して、英語で想いを伝えたり、発声したりするアウトプットが大事なのだと身にしみて実感しました。

 

英語は勉強してはいけないんだ!!!

 

今となっては、TOEICは900点台、日常会話はもちろん、仕事で外国人のクライアントと話したりもできます。

 

 あとで私がした英語上達法をまとめますね👍🏻